2006年02月28日

1周年!

地味〜にブログを初めて今日で1周年となりました。
知り合いに内緒にし続けているので、見に来てくださる皆さんは
全く知らない人ばかり(我的にはそこがまた面白いわけですが)。
これからもそのスタンスは崩さずに、
ツボなことの数々を紹介し続けようと思いますんで
地味によろしくお願い申し上げます。


さて、今日の1周年を飾るに相応しい話題を…


ベッカム、息子の算数の宿題に苦戦

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081140995847.html



どこが相応しいねんっ!(笑)

ブルックリン君(ベッカムの息子)ってまだ6歳でしょ?
算数の宿題ったって、せいぜい足し算引き算、ひとケタの掛け算くらいじゃないですか?
かなりヤバいぞ、デイヴィッド・ベッカム。
Nintendo DS で脳を鍛えたほうがいいぞ、デイヴィッド・ベッカム。

振り返ってみると、1年前はモリマンの話題で始まったんだよなぁ〜。
2周年はどうなるんだろ?



posted by チャッピぃ at 00:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

『労働者M』

KERAの書く芝居がそんなに得意なわけではないものの
一昨年だったか『カメレオンズ・リップ』が割と楽しめたので行ってみようかと。
もちろん松尾さん目当て、という説もあるわけですが…(笑)。

top.jpg



KERAって人はエラい気を遣う人だ、という印象が私には常にあって
例えば彼は自分で「モンティパイソンファンである」と公言しているわけですが
音楽やってても芝居やってても、目指しているところがモンティパイソンでありながら
常にお客さんのほうを向いて
「分かる?ねえ分かってくれてる?」みたいな遠慮というか気遣いというか
そういうのが常に自分の中にある人で、
「俺が行きたいのはこっちなんだぜ、お前らついて来やがれ!』みたいな
我が儘っぷりというか、身勝手さに欠ける気がしてたわけです。

でも今回はそういう気遣いをやめたようです>ケラリーノ・サンドロビッチ氏。
お得意の不条理な世界感を二重構えで構築し、
さらにはその世界感が交互に出てきたかと思えばいきなり重なり合ったり離れたり、
そこに生まれる妙な一体感やら違和感、ぎこちなさ。
重なり合う世界はどうしてこの2つなのか?
どうしてこの2つでなければならなかったのか?
随所にちりばめられている細かなネタのあれこれに
クスクス反応しながらも観ている側に生まれた「?」を
彼は今回、受け止めようとはしておりません。
自分の書いた世界に客がついてこられようとこられまいと
「おう、お前らついて来いよ!」ってやっちまった…というか
ついにやれちまったらしい。
いいじゃん、それも。


でもこれ、出てる人たちがこれだけ達者ぞろいでなかったら…
我的には結構キッツいものがあったかもな。
進行役をやってる堤真一つかまえて「アンタ誰と話してんの」式にツッコミ入れる
秋山菜津子や犬山イヌ子は、きっと演劇ファンには大受けだろうけど。
(ああいう仕立て方ってスゴい不自然に感じるときあるよね、同感)
松尾さんがkyon2を抱きしめるとき、
すっごい一生懸命抱きしめてたのにも大笑いしつつ、
何かが吹っ切れた(?)らしいケラの次回作に期待。



posted by チャッピぃ at 23:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

三方六

疲れきった金曜の深夜、家に帰るまでの楽しみといえば…
24時間営業(食料品売り場のみ)の西友でのお買い物。

まずは4割引になってる冷凍食品売り場へ。
野菜が高いときなら、割り引かれている冷凍食品のほうれん草やそら豆のほうが
安く上がったりするわけで。
さらに、パイ皮とそばめしは欠かさず購入。
あと、日頃高いなぁ〜と思っている高菜チャーハンも
4割引きなら買えるのよねん。

コレステロール値が高いから控え始めたチーズ売り場を横目で見つつ、
あれやこれや買い物かごに放り込んでいると
ふと目がとまる看板が。


“北海道&九州 特産品コーナー”

あ、ハウステンボスみやげに買ってきてもらったチーズケーキがある。
トラピストバタークッキーもあるぞ。
ふーん、いろいろ取り揃えてあるねえ〜。
……と思っていたら、いきなり私の横に近づいてきたお姉さんが
ガシッとばかりに目の前の三方六に手を伸ばした。

“お、三方六いくか?”

再びガシッともう1個。

“お、2個買うか?”

そして、もう1個。

“え?3個も買うのぉ〜?”
そこまで三方六を愛しているのか、君は。


005_1pon.jpg


http://www.ryugetsu.co.jp/items/index.html



バウムクーヘンがあんまり得意でない私でも
結構大好き>三方六。
今なら西友(地元だけか?)で買えますわ。
posted by チャッピぃ at 23:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 「う」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

そんなんでいいなら私でもできる。

地震とお天気の研究してる人は、あんまり信用できん、
というのが我的本音。
だって肝心なとき全然当たってないでしょ。

さらに今日はこんな記事が。


北日本は冷夏か猛暑、気象庁が“弱気”な予想


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060223i317.htm




そんな長期予報、出してる自分を寂しいとは思わんのか?>気象庁。
つーか予想がつかないんだったら、潔く「ごめんなさい」して
予算返上しとけば?
どっかの有能な人が、もっとよく当たる予報を考えるために
必要なお金に回したほうがよかろうに。


posted by チャッピぃ at 01:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

どこかに売れ残ってないかなぁ〜。

すでに2代目が擦り切れ始めたschott のピーコート。
裏にキルティングが施してあって寒がりな私にぴったりのうえ、
手が異様に長い私にぴったりサイズ。
ボーイズのサイズ16で、ダブルではなくシングルのネイビー。
どこにでも売ってたのに、今年買おうと思ったらどこにもない!
噂によればシングルは製造中止とか。
マジすか?
ダブルは野暮ったくて嫌いなんだってば。
シングル復活希望〜!
posted by チャッピぃ at 00:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

『AIKI』(ネタバレしてます)

年明けてからずーっと映画館ごぶさた生活のまま、
オリンピックもなんとなく元気がないので
深夜にテレビで映画を観る週末。


先週は数年前、劇場に観に行き損なっていた『AIKI』をやっとりました。

事故で車イス生活を強いられるようになった青年が、
合気柔術という古武道に出会い、
現実を受け入れる強さを得、さらには成長を遂げていくという物語。
…って書くとちょっとウソくさいけど、
これ、実在のモデルがいるんですね(映画のラストに出てくる外国人の方です)。

ボクシングにしろ空手にしろ、格闘技ってのは腹筋背筋が何とかならんかったら
どうにもならんやろ、と思ってた私には目からウロコな話でしたわ。
だって、下半身が麻痺しているのに彼(主人公/太一:加藤晴彦)は
ちゃんと相手と取り組めるんスよ。
どこに重心が置かれてて、どんなふうに力が入ってるんだろ?
んー分からない。
でもそういう部分の神秘性が、
「まさかそれはないんじゃない?」と思えてしまうエピソードも
なんとな〜くカバーしつつ、
“ただ生きてるだけじゃダメなんだ” なこの映画を
佳作にしてくれてる気がします。


出演陣も熱い。

太一がチンピラに絡まれてるところを救ってくれたテキ屋の親分役の
桑名正博が出てきたとき、一瞬桑名さんだと分かんなかったんスよ>自分。
いや、桑名正博は十分によく知ってますけどね。
(『セクシャルバイオレットNO.1』は我的カラオケ十八番)
桑名といったら、あんなに育ちのいいお坊ちゃんなのに、
ともかくこの役がエラくハマってて、なんかそれだけでうれしくなってしまった。
あと、太一の事故の加害者をやってた田口トモロヲさん。
取り調べで「相手は生きてるけど賠償が大変だよ〜」とか警官に脅されて
(脅すほうもどうかと思いますけど)
トイレで首括っちゃう気の弱い中小企業経営者。
絶妙です。
太一の合気柔術の先生である石橋凌さんも、
いつになく控えめな役回りなのに、それがハマってました。
「サラリーマンですから」って言うのが口癖な役なのが笑えるね。
(だってARBだよ)
我的ご贔屓女優・ともさかりえ演じる“サマ子”(すげえ名前だな、オイ)も
風みたいな感じで、どっか力が抜けてる感じがよかった。
うまいんだよな〜やっぱり。

その他にも佐野史郎とか神戸浩とか小木茂光とか
なぜか通りかかるだけの永瀬正敏とか(笑)
天願つながりな豪華出演陣も楽しめますが
やっぱり個人的には太一と同じく車イスの身でありながら、
実にしぶとく生きてる常滑に扮してた火野正平さんはスゴい。
バイバイアグラの怪しさにも匹敵する彼自身の怪しさもさることながら、
あの図々しさ、逞しさ、静かな物言いの向こう側にある優しさ、
あれは彼以外にはやれない役でしょう。
未見の方はどうぞ。
あ、加藤君も頑張っていたよ(って、とってつけたみたいになってしまった・笑)。


posted by チャッピぃ at 00:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

寝不足週間。

業績のいい会社の社長さんがインタビューで
「早朝から全員で会議をやってます」なんて言ってるからって
早朝会議だけ真似たところで業績が上がるとも思えない。
しかも実りのある話し合いがなされるならまだしも
毎週毎週、なんとな〜く集って、お茶濁して、
じゃあ肝心なことを話そうよ、ってなると
いきなり逃げ腰になってみたり、話題をそらしたり…。

こんなつまんねー会議のために
人を早起きさせるんじゃねーよ!



ゆうべもてっぺん越えで家に戻り、あーすぐに寝ないと寝損なっちまう…と思いつつ
テレビつけたら、さんまの番組に赤井英和が出てた。
(あれは『お台場明石城』だったのか?)
あー赤井じゃん…と思ってたら、
いきなり大和田戦(彼が引退に追い込まれた試合)のVTRですよ奥さん。
思わず見ちゃうでしょう、これは。
セコンドのエディ・タウンゼントが動いてるの見るだけだってうるうる来ちゃうし。
ゲストで阪本順治も居合わせてる上に、
阪本監督が生まれて始めて録画したビデオってのが

赤井英和 vs ブルース・カリー戦

だったって、マジすか?
そしてそのカリー戦もちらっと。
あ〜相変わらず全然ガードしないし(してるんだろうけどやたら低いし)。
でも全然後ろに退かないし。
本当にすっげえ面白いボクサーだったよ、あんたは。
(興味のある方は私の過去のブログ『どついたるねん』を検索してみてくだされ)


なんて思ってたら結局3時間半しか睡眠取れず……
朝から眠いのなんの…。
「ちゃんと寝ないからッスよ」と相棒Oちゃん。
「すいません…」
「ホントにボクシング好きなんだから…」
いえ、つまんないボクサーには興味ないッスよ。


さらに、こういう日に限ってあれやこれやと忙しいんだよね。
ごめんよ、効率上がらなくて。
2人して何とか仕事を片付けて、一息ついたら今度はこんなニュースが…。


ギラギラ男・押尾学が「テリー伊藤のってけラジオ」生出演

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060214-00000038-sanspo-ent



おおっ!
先生、久々のLF登場スか?

でも…20日って平日じゃん。
録音しとかなきゃ聴けないじゃん。

「あのさー20日休んでもいい?」
「?」
「押尾先生がラジオに出る」
「……ホント、お笑い好きなんだから」
いえ、先生はお笑いではなく“お笑いより笑える歌手”なのですよ、Oちゃん。






posted by チャッピぃ at 01:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

『誰も寝てはならぬ』

始まっちゃいましたねえ〜トリノオリンピック。

どーせメダルは獲れないよなぁ〜と思いながらも
つい夜中までつきあってしまう2週間。
ゆうべ(というか今朝3時〜)のモーグル女子決勝もつい、つきあっちまった。
滑走したときは2位だったのに残念だったね>上村愛子。
つーか、あれも判定が微妙な競技ですなぁ〜。

「あー回転が足りない」
「高さがなぁ〜」

現地トリノ以上に、テレビのこっち側でもお茶の間審判が活躍中。
こたつにみかんじゃイタリアンな雰囲気は出ないけど
開会式でパヴァロッティも歌ってたでしょ?
『誰も寝てはならぬ』って。
(W杯のイタリア大会以来、すっかり定番ですわな、この歌)
そんなこと言われずとも、気になっちゃって眠れないんですけどね、ハイ。







posted by チャッピぃ at 14:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

確かに光ってる。

蛍ちゃんハリウッド・スターの仲間入り?


http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060207-0008.html




「高級でエレガントな世界観がない」なんてLUXも大人げない。
蛍ちゃんの“天使の輪”は誰が見ても美しいもん。
でも自主制作までして作ったCMって、どんなんなんでしょ?
テレビでやってくれんかな。

…って思ってたら期間限定(〜2/21)で見られるそうです。

http://www.lux.co.jp/topics/hairstylereport/cm.html

posted by チャッピぃ at 00:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

大ヒット祈願。

師父、入ってますよ〜。


絶好調!李連傑『霍元甲』が大陸で興行収入6500万元


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0207&f=entertainment_0207_001.shtml



日本では3月18日公開。
同僚S君曰く「今度こそ(日本でも)入ります」
でも…いつもそう思っていて裏切られ続けてる気が…。

あの流れるような美しい動きを、
少しでもたくさんの観客にスクリーンで観てほしいなぁ〜。


posted by チャッピぃ at 00:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジェット・リー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。