2006年12月30日

今回もすべりませんでした。

年末のせいか、今日は観客に豪華芸能人の皆さんをお迎えしての
人志松本のすべらない話
いやー、今回も笑った笑った。
特に麒麟の田村、スゴすぎるわ。
幼い頃からかなり貧しい暮らしをしていたと聞いてはいたけど
中学2年で家族が離散、その後は友人の家と公園に住んでいたって…
笑っちゃいけないんだけど壮絶すぎて、ハンパなネタじゃ対抗できないくらい面白い。
期待の宮川大輔も当てられて、ブチ切れる前に終わっちゃった感じだったもんな。
田村先生にはぜひもっと語ってほしいですわ。

それにしても観客にあれだけ揃えられるのもたいしたもんだ。
杉本彩とか山田優あたりが出てくるのはまだ分かるけど
浅野忠信(もしかしてドテラ着てませんでした?)とかヒロミ・ゴーまでもを
観客として登場させちゃうあたりは、吉本の力を感じますなぁ。

個人的には片瀬那奈ちゃんの好きなネタ、
「(次長課長)河本さんのタロ吉と
バッドボーイズ佐田さんの修学旅行に行けなかった話」
って
ツボがまるまる私と被ってますわ(笑)。
郷ひろみの好きなネタ、
「河本さんのお姉さんが…レズ」ってのも笑えた。
『カックラキン』だの『ムー一族』だのやってた頃の彼を思えば
お笑い相当好きそうだもんな。

(↑以上さっぱり分からない方はDVDでぜひ)




posted by チャッピぃ at 01:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ジョーバが家にやってきた。

夏に体調を崩した我が母。
すっかり出かけなくなってテレビばかり見るようになったもんで
やたら通販番組に詳しくなっちまいやがったなぁ〜と思っていたら、
最近は「あれってよさそうよね〜」とか、「欲しいなぁ」とか言うようになりました。
そんなもん買ったって、三日坊主ですぐ使わなくなっちゃうんだから…と思いつつ
「あ、そう」と聞き流していたのですが
12月頭くらいから「クリスマスに買って」とマジ顔で言うように。

「で、何が欲しいんだっけ?」
「あれよ、あのジョーバ」
「ジョーバ?」

http://national.jp/kenko/exercise/joba/



決して安い買い物ではないのに、売れてるらしいッスねえ。
“入荷待ち”な店が多くて、結構探しました。
乗ってるだけで健康維持、シェイプアップ、ってとこが
幅広い年齢層に受けているようです。

しかしね…デカいよ、コレ。
はっきり言ってデカすぎるよ。
「持つ所があるのがいい」と母が言うので
余計デカい機種を買うハメになっちまったせいだとは思いますが
場所取りますねえ。
折り畳めないから困っちゃうよな。

さらに、かなり割り引いてる店で購入はしたものの、
生まれてこのかた、こんなに高い贈り物を母にしたことがあったでしょうか。
つーか、また三日坊主で終わったら…と思うと悲しすぎます。
せいぜい長生きして毎日揺られてもらいやしょう。
でも、それじゃとても元が取れそうもないなぁ〜。
ご近所のおばあちゃんたちに1回100円で貸し出すってのはどうだ(爆)?


posted by チャッピぃ at 00:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | リラクゼーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

いやー忙しいッスねえ。

今年も残りわずか。
考えてみれば去年の今頃は入院してたわけで、
毎日ひたすら寝てばかりいました。
入浴許可が出てからは昼の2時などという明るい時間に風呂に入る快感を覚え、
その後、気持ちよーくお昼寝するのが大好きでしたねえ…
考えてみれば、あれは究極の贅沢ってやつだったなぁ。

しかしながらそれから1年経った今年は、まったく様子が違います。
娑婆の年の瀬は忙しすぎますぜ、旦那。
取引先がどんどん挨拶に来るから全然仕事にならねえし、
年賀状はちっとも書き終わらねえし、
不死身だと思ってたJBまで死んじまうし、
季節外れの大雨は降るし(この時期降るなら雪だろ?)、
明日は最高気温が18度まで上がるって言うし(マジ?)、
ろくなもんじゃありません。

でも、元気でいられるのはありがたいね。
我的にはこの先も一生病院と縁が切れそうもありませんが
テキトーにごまかしつつ、また来年も頑張るしかあるまい。
さ、掃除掃除。




posted by チャッピぃ at 00:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

誰も知らない…わけないよな。

ディープインパクトに圧倒され、
M-1ではチュートリアルに圧倒されていたら
番組の合間に入るダイハツのCMに
YOUと柳楽優弥が親子役で出てた。

http://miralog.jp/story/index.html

↑親子に扮してブログまで書いてるわけね。

これってどっかで見たような……そうだ、『誰も知らない』つながりじゃん。
おいおいおい、なんか……フクザツだなぁ…。
posted by チャッピぃ at 21:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

美味しいんだってば。

某スーパーで“地方限定即席めんフェア”ってのをやっていたので
何の気なしに買ったのがコレ。

寿がきや 名古屋流カレーうどん

http://www.sugakiya.co.jp/whatnew/whatnew70.html


img_nagoyacurry.gif


単なる即席めんですから、定価は税込み105円、
私が買ったのは5個組でやんした。

休日の昼、「そういえば買ってあったな」と思って
残りの豚コマと玉ねぎ加えて作ってみた。
色は薄めで、とろみがいいね。
まずは一口…あら、美味しいわコレ。

思わず翌週、また同じスーパーに行ってみたけど、
もうどこにも見当たりませんでした。
あーもっとまとめ買いしとくんやった。
あんなに美味しいなら名古屋限定なんてケチなこと言わずに
こっちの方でも売ってくれよぅ。
見かけた方は騙されたと思って食べてみそ。
なにしろ105円だもん。
posted by チャッピぃ at 23:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「う」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

驚いた。

朝、青島幸男が死んだとニュースで知り、
いよいよマルチタレントもそうなる時代か…としみじみしているところに
岸田今日子さんの訃報。
友人から「元ダンナが死んじまったばっかりなのにねえ…」とメールが来たので
「本当はまだ愛し合っていたのかしら。今の奥さんは心穏やかじゃないね」と。
ムーミンは彼女の声以外に考えられません。

でも、一番驚いたのはカンニングの中島が死んじまったことだ。
よくなってたんじゃないの?
竹山だってアータが戻ってくるまで!って
あのワンパターンなキレキャラで踏ん張って来てるのにさ。
コメディアンが人を泣かせてどうするか。
若すぎるっしょ。
posted by チャッピぃ at 23:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

いいわ、オリーブさん。

阿部サダヲ@『世界ウルルン』 ご覧になりました?

よかったわ、オリーブさん(笑)。
大人ちゃんTシャツもさりげに着てて好感持てたわ。

でも、せっかくプラハまで行ったんですから、
もう少し街並を見せるとか、うまいもん食わしてやるとか
そういうのはないんですかね?
(プラハってすごいいいとこだよ)

posted by チャッピぃ at 00:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『カポーティ』

正月までロングランしてくれれば…と思っていたものの、
恵比寿が終わってしまったので「こりゃいかん」と出かけました。

『カポーティ』
http://www.sonypictures.jp/movies/capote/index.html


おっと、冒頭からこの色褪せたようなフィルムのざらざら感。
こういうところから入るわけですか。
葉の落ちきった並木の不気味さがいかにも『冷血』。
あの読めば読むほど後味の悪い、それでいて読み進まずにはいられない
タチの悪い麻薬みたいな小説を思い起こさせます。
今から40年も前に発表された古い小説とはいえ、大ベストセラーになっていますから
その光景を頭に思い描いている人たちも多いはず。
それを決して裏切らないこのロケ地の登場、内容も期待を裏切りません。

カポーティ役のフィリップ・シーモア・ホフマンは
キャスティングが決まったとき、えらく意外でした。
なぜなら映画や写真で見る本物のカポーティはもっと小さくて痩せていて
特に目つきがもっと異常な感じの人で、
おっとりした感じのホフマンがどんなに作り込んでも異常にはならんだろうな、と。
でもこの映画ではその異常性よりも
カポーティの人間性に主軸を置いているようですので
そういう意味では、この映画を製作した1人でもある彼でよかったのでしょう。
(金を出すということはかなり共鳴したということでしょうから…
あの奇妙な喋り方は…まあ本物もあんなだったらしいですけど)

思わず『冷血(原題:In cold blood)』というタイトルをつけるくらい
凄惨な殺人事件を起こした犯人を前に、
その孤独感に共鳴を覚え、かつ彼らがもたらすネタでのしあがることを計算しつつ、
自分には理解できない犯罪への嫌悪感や恐怖、
そいつらが自分を頼ってくるようになる罪悪感など、
ありとあらゆる感情と犯人の死刑が執行されるまでの5年にもわたってつきあい、
さらには世界が称賛するベストセラーを書き上げ、
しかしながら“やり遂げた”ことよりも“やらかしてしまった”ことに
その後の人生を苛まれ続けるようになる作家トルーマン・カポーティ。

誰よりも正直でいながら、誰よりも嘘つき、
誰よりも自信にあふれているかと思えば、誰よりも臆病、
おそらくは天才でありながら、天才である自分を維持する精神的な度量には欠け、
常に自分の中にある矛盾と闘い続けた男。
この作品を書くことが自分への称賛をもたらすことは知っていても
破滅へと自分を誘うことは予測がつかなかったんでしょうかねえ。

個人的にはネルを演じたキャスリン・キーナーがいいですね。
トルーマンよりずっと深いところを見てるって感じがよく出てて。
おそらくはこの人なしには『冷血』も生まれなかっただろうというのがよく分かる。

カポーティ役のファッションショーもすごかったな。
最初のロングコート(キャメルのカシミヤかなにか)、おしゃれですねえ。
でもあんな丈のコートなんて社交界に出てるような人か、ゲイしか着ないっしょ(笑)。
途中で自分のマフラースカーフを「これ、高いの」って自慢するところも
聞いて嫌な感じに受ける人もいるでしょうけど
こういうこと言って許されちゃうのがカポーティなんだろうなぁ、と。

正月休みに読み返したいと思います、『冷血』。はい。






posted by チャッピぃ at 00:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

恐ろしい世の中ですわ。

奥さん、聞きました?
ノロウィルスって吐瀉物が乾燥して、それが空中に舞ったのを吸っただけでも
感染するんですって。
この忘年会シーズン、街のあちこちに吐きまくられてる例のモノを
避けるには避けても、息止めながら避けなくちゃならないうえに
翌日お掃除されてるとこも記憶しといてまた避けなきゃならないじゃないですか。
メモしとくのか “ここにあった”って(笑)。
手帳の地図がゲロのマークだらけになるのか(爆)。
世も末ですな。

そのうえ、とんでもない病院まで出て来たよ、おい。

生体肝移植:
ドナー後遺症は「技術未熟」群馬大病院が検証


http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20061214k0000m040102000c.html



郡大病院第1外科の患者の皆さ〜ん、恐ろしいお知らせです。

「執刀した第1外科全体の技術が未熟だった」
んだそうですよ〜。

「………」

お前らは患者をナメてんのか!(怒)


“未熟だった”って認められてもねえ。
そういうことは手術受ける前に言っていただかないと…。
つーか、そういうことを言っていい職業と、そうじゃない職業があるということを
分かっているのか、この病院は。

確かに手術も数こなさないと上手くならないのも分かりますけど
せめて 手術する=助けることができる可能性が高い 状態になるまでは
そういう難しい手術のメスを握るのは遠慮していただきたい。
自信が持てるまで、美容院の見習いみたいに
医局内でお互いに手術し合ってみたらどうだ?
「ああ、これならもう患者を切っても大丈夫だ」って言えるまでさ。
やっぱ数こなすのは大事だから、ね。

手術前の皆さん、オリコンから
『患者が決めた!いい病院 患者11万人アンケート』も出てますので、
あらためて病院を探して同じ手術でも腕のいい先生にお願いしましょう。
年金も医療費も削られて、これからは自己防衛がますます肝心なはず。
白衣着てるからって、その人が命を救ってくれるとは限りませんもん。

posted by チャッピぃ at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

よろしくお願いいたします。

ホークスのユニフォーム姿で、王監督と握手してる多村を見て
ため息ついてる場合じゃありません。
横浜にもこの方がいらしてくださいました。

仁志がG倒アドバイザー“就任”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061213-00000003-dal-base



頼りにしてます。
でも…ベイスターズのユニフォーム着た仁志って
何か想像つかないんだけどね。
posted by チャッピぃ at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。