2007年05月06日

『ふたりの男とひとりの女』

連休にどこにも行けなかった我的黄金週間娯楽。
そりゃ何てったって夜更かしして観るテレビですわな。
深夜映画も随分観ました。

そんな中、CSムービープラスでやってた
『 E!が選ぶベスト101 セクシーセレブ』ってのを
ソファに寝転がりながら観ておったわけですが……

正直な感想:知らない名前が増えたなぁ〜(笑)。
結構観ているつもりではあっても新人の台頭には目覚ましいものが。
せいぜいエリック・バナとかジェシカ・ビールあたりまでしか
追いつけてないようで。

そんな中、司会のクリス・ペプラー氏の口から
スゲー久々にどっかで聞いた名前が。
その名も ライアン・レイノルズ。

ライアン・レイノルズ???……はて?

おお、ライアン・レイノルズ!!!
http://movies.yahoo.com/movie/contributor/1800025139



ちょい昔にFOXでやってた
『ふたりの男とひとりの女』
( "Two Guys and a Girl/Two Guys, a Girl and a Pizza Parlor")の
バーグ君じゃあーりませんか!
かのアラニス・モリセットとお付き合いしてるって聞いて
ひっくり返るくらい驚いたけど、
別れたって聞いて、オバサンちょっと安心したのよ。
(アラニスってキツそうやん!)
『ブレイド3』でエラいマッチョな役やったらしいけど
アータはやっぱり永遠なるバーグ君なわけで……。

そうそう、確か最初3人でピザ屋で働いてて……
あれ?でもバーグはお医者さんになったんだよね?
ピートはなぜか消防士で、シャロンはその同僚と結婚して……。
あー、あんなに大好きで大笑いしてたのに
断片的にしか思い出せない。
ともかく面白いんだってば!

http://en.wikipedia.org/wiki/Two_Guys_and_a_Girl


んでもって、この時代のバーグはそんなにセクすぃではないけど
十分カワイイし、おマヌケだし、笑えます。
FOXさま、ぜひ再放送をお願いします。
posted by チャッピぃ at 23:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(8) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ブレイクしたのにタイトル変わらず。

連休初日……とはいえ、
昨夜深夜まで仕事が終わらず、寝たのは朝5時。
そんなんで起きたのもほぼ昼過ぎ。
やれやれ…と思いつつ、買い置きの冷凍ベーグルを食う。
テレビつけたらいきなり丸刈りの男が画面に。
お、ウェントワース・ミラーやん。
なーんだ『プリズン・ブレイク』シーズン2の宣伝か。
なんでまた『24』をそんなに意識しとるん?(笑)



その後、別バージョンのCMもやってましたが
ありものの映像に声優たちが勝手に声をアテてるだけの
昔ながらの作りが懐かしい。
なんて安上がり。

そういえば “世界一セクシーな丸刈り男” ウェントワース君て
エラい数の国のミックスなんだそうで。
アフリカ系アメリカ人、ジャマイカ人、イギリス人、
ユダヤ系ドイツ人、ロシア人、フランス人、オランダ人、
シリア人、レバノン人が
混ざるとああいうイイ男が生まれるんだと聞くと、
「よーし、試しにやってみよう!」と思ったりする人も
いるだろうけど(かなりのツワものだな)、
そう簡単にはマネできんぞ、この凄まじいミックスぶりは。
以前にも彼を “いつも丸刈り” と書きましたが、
ちょっと髪を伸ばした写真を見たら、ものすごいクリクリの
カーリーヘアでびっくり。
なるほど、色白で全然分からないけど髪とか鼻筋の太いところには
アフリカ系の遺伝子なんだね、きっと。

ちなみに我的favorite @『プリズン・ブレイク』はアブルッチ。
でもシーズン2では
生き残れないらしいのよね〜。
↑ネタバレしてます。シーズン2未見の方は見ないでください。



posted by チャッピぃ at 02:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

きょうの「アレ?」

今日こそ早く帰ろうと思いつつ、
家に着いたのはやっぱり真夜中近く。
あ〜バテた〜と倒れ込みながらテレビつけたら
「あ、佐渡裕」。

何でこんな時間に佐渡裕なんや?と思ったら
「あれ、江原啓之」。
え?これ『オーラの泉』?
佐渡裕が『オーラの泉』?

ワケ分からんうちに番組終了。
ちぇっ、何かやってねーのか?
お、『WITHOUT A TRACE / FBI 失踪者を追え!』
新シーズン始まったんじゃん。


「……………」


……あれ?何かヘンだぞ。


ダニーが関西弁じゃない!


なぜですのん?

ファンブログやってるまめさんとこで聞いてみようかしら。
http://chiyo.sakura.ne.jp/eric_close/



posted by チャッピぃ at 01:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

『マイ・ネーム・イズ・アール』

FOXチャンネルで新しく始まった『マイ・ネーム・イズ・アール』。

http://www.foxjapan.com/tv/bangumi/mynameisearl/main.html



はっきり言って、地味。
はっきり言って、イイ男が出てない。
でもはっきり言って、すげえツボ(笑)。

何と言っても、海の向こうで『ジョーイ』(『フレンズ』のスピンオフ)みたいに
オシャレ〜なドラマが打ち切りになった後に、
こういうのが受けるってとこが小気味いいわけです。
アメリカもまだまだ捨てたもんじゃないぜ、って思わせてくれる。

でもさ、本国じゃエラい視聴率獲ってて、エミー賞もいっぱいもらってる期待作なのに
日本の公式ページではアールの弟ランディと、ジョーイの今のダンナのダーネルの写真が
ひっくり返ってるのはなぜですのん?
一応、コーカソイド(白人)とアフリカ系アメリカ人(黒人)という
違うといえばあまりに違う2人なので、間違えようもない気がするんですが…
(つーか検索すれば上のページが出てくるのに、FOXチャンネルのトップページからは
リンクもされてないし…修正中スか?)

wallpaper01.jpg



いずれにしても、このかったるさが大好き。
暮れに来て、今年の我的ナンバー1ドラマ決定です。




posted by チャッピぃ at 00:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

やっと出る!

NHKでやってる頃から
“およそNHKらしからぬ” ブッ飛びドラマだった
『ダーマ&グレッグ』がついに12月に発売決定。
(今から考えると…どうしてNHKでやったんだろ?)

DVD化リクエストNO.1だったらしいから
待ちかねていた人も多いのでは?




何と言ってもダーマ役のジェナ・エルフマンのキュートなこと!
これで大スターになっちゃいましたもんね。
『僕たちのアナバナナ』なんて映画にも主演してたっけ。

でも…個人的にはエドワード役のミッチェル・ライアンが好き黒ハート
いつもは刑事役とか殺人犯とか、堅くて暗い役が多い中
どこかすっトボけてる三枚目を好演してます。
今回のシーズンじゃなかったけど
この番組の中で女装しちゃったりもするんだよね。
役者根性ってやつですかね、今さらそんなことしなくたって大御所なのに。
カッコいい〜。

posted by チャッピぃ at 00:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

きょうの『やってみたい』 その2。

早速ですが『プリズン・ブレイク』というドラマシリーズが人気だそうで。





これ、もっと短いシリーズ(BOX 1 だけだった)のが
人気が出たから後半をくっつけたという
(だからBOX 2の発売までかなり時間がある)、
棚からボタモチ的作品なのですな。

主演のウエントワース・ミラー君、カッコいいけど丸刈り(笑)。
つーか“プリズン・ブレイク(脱獄)”する囚人なんだからしょうがないやね。
でも春のゴールデングローブの授賞式のときもタキシードに丸刈りで登場し、
「あー、シリーズ後半を撮ってるからねえ」と言われ、
この間のエミー賞のときも同じカッコで登場し、
「あー、シーズン2撮影中だからねえ」って言われてるのって…
このままシリーズが続行している限り、彼はずっと丸刈りなのですか?
(以下ネタバレなので文字色変えます)
つーかシーズン1で脱走したのに
シーズン2はさらにどこをブレイクすると?
もしかしてまた捕まっちまうのか?


面白さから言うと私的には『24』のほうが格段上な気はしますが
(たぶんお金の掛け方も違うんだよね)
本物の刑務所を使って撮影しているという緊迫感と
個性豊かなキャストがなかなかに魅せてくれます。

んで我的に特に気に入っているのが
ウエントワース君扮するマイケルが全身に入れてるタトゥーのカッコよさ。
これ、マイケルが見ると刑務所の設計図になっているらしいんですけど
(おっと、ネタバレでしたか。失礼)
いくら見ても私にはさっぱり分からん。
でも、それはそれは見事なタトゥーなのですわ。

日本でもその筋の皆さんが入れてらっしゃる
(最近は普通の人も随分入れるようになってる)刺青って
すごい芸術的じゃないですか。
痛くなければ私もちょっとやってみたいなぁ〜という憧れが…。
(日焼けだけでもダメなので絶対ムリですが)
外国のタトゥーは線彫りがほとんどでちょっと寂しい感じがあるけど
マイケルのタトゥーは映画『レッド・ドラゴン』でレイフ・ファインズの背中の
彫り物をデザインした人が担当なさったとかで
「おおうっ」と思わせてくださいます。

でもさ、紆余曲折あって、
この先どっか別の刑務所に入れられるんだとしたら…
どーすんだろ、このタトゥー。




posted by チャッピぃ at 15:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

『エンジェルス・イン・アメリカ』

最近どうも見応えのあるドラマがなかったので
久々に面白かった。

『エンジェルス・イン・アメリカ』

http://www.super-ch.com/line/angels/index.html



アル・パチーノ、メリル・ストリープ、エマ・トンプソン… と芸達者が揃えば
つまらないわけがないだろう!と思うわけですが
まるで舞台劇を観ているような不思議なドラマ。
ゲイとゲイとゲイと…ってやたらゲイばっかり出てきますが
宗教的でもあり、寓話的でもあり、けれどそれを押し付けられている感じはせず
おそらくは観る人によって、やけに重かったり、
救われたり、あるいはちょっと人生教わっちゃったりするような
なかなかに興味深い内容でした。
我的ご贔屓ジェフリー・ライト(彼は舞台でも同じ役を演じていたとか)がいいのよ〜。

でも…メリル・ストリープってやっぱ好きになれん。
お母さんの役やってても、“お母さん”じゃなくて
“お母さんをとっても上手にやってるメリル・ストリープ”に見えちゃうんだもん。

posted by チャッピぃ at 23:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

浮いてるってば!

近頃スーパーチャンネルでやっている
『 WITHOUT A TRACE / FBI 失踪者を追え!』という番組を
ご覧になっている方はいらっしゃるでしょうか?


http://www.super-ch.com/line/without/index.html




本国アメリカでも結構人気のある番組らしく何シーズンか継続しているようですが
今季は性的虐待シーンがあったとか何とかでかなり叩かれているようで…。

なかなかに面白いので私も楽しみに観ておりますが
1つ気になることがありまして……

マイアミ出身のダニー・テイラー捜査官(声:小山力也)は
どうして関西弁なのですか?


彼はマイアミ出身ですよ、奥さん。
マイアミって言ったって、なんばの“喫茶マイアミ”じゃないんスよ。
(なんばにマイアミがあるかどうかは知らんが)
フロリダからニューヨークに来たという設定の刑事なんですってば。
なのに何で「それしかあらへん」なのよ?
おかしいだろうが、マイアミ訛りを関西弁にするのは!
気になっちゃって内容に集中できないのでやめてください。
(つーか最近はそっちの方が楽しみになってきてしまいました・笑)



B000CQK476.09._OU09_PE22_SCMZZZZZZZ_.jpg

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000CQK476/qid%3D1142955344/503-2356496-1467100

posted by チャッピぃ at 00:40| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

さよならマックのおじさん。

大好きだったマックのおじさんが死んじゃった。

20050528-00000103-reu-ent-thum-000.jpg


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050528-00000103-reu-ent



『華麗な探偵 ピート&マック』大好きでした。

70年代、テレビ朝日がまだNETと名乗っていたころ、
『ロックフォードの事件メモ』と半年交代くらいで放送してました。
(確か週末のかなり遅い時間。提供は時計のセイコーだったような記憶が…)

元泥棒(詐欺師だったか?)のピート(ロバート・ワグナー/声:城達也)と
それを逮捕した元警官のマック(エディ・アルバート/声:佐野浅夫)が
組んで探偵事務所を開設。
秘書のマギー・フィルバン(シャロン・グレス/声:野沢雅子)も加わって
トリオで事件を解決するわけですが
なにぶんにも超ソフトで女好き、さらに元犯罪者なピートと
堅物を絵に描いたようなマックのおじさんのコンビなのでしょっちゅう対立。
でも、実は深いところでお互いを認め合っていて、
危ないときには必ずお互いを救い、最後にいつも必ず
「やっぱりアンタじゃなきゃダメだ」みたいなところが良かったですねえ。


ダサい役回りのマギーを演じてたシャロン・グレスが、
その後『キャグニー&レイシー』で女刑事を演じたときには
ちょっと驚きましたが、
声が野沢さんじゃなかったのがもっとショックだったな。
佐野さんと城さんと野沢さんの3人は
我的海外ドラマ吹替ベストトリオ だったんですもん。

私の中では永遠にマックのおじさんであるエディ・アルバートさま、
どうぞ安らかに。
posted by チャッピぃ at 01:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

コレ面白いんだよ〜。

もう何度も観ているのに、またハマって観ているこのドラマ。
その名も『検死医マッカラム』
B00007K4N5.09.MZZZZZZZ.jpg
写真だけ見ると、検死医っていうより患者みたいな顔してますけど(笑)。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00007K4N5/qid=1109864393/sr=1-10/ref=sr_1_2_10/249-6688442-7037129

ジョン・ハナ扮する検死医のイアン・マッカラムは腕はいいけど、
人間性をちょい問われちゃうタイプの男。
この手の話にありがちな、主人公=ウソ臭いスーパーマン でないところがいい。
ジョン・ハナは『リーバス警部』シリーズもいいけど(プロデュースもしてるはず)
やっぱりこっちがオススメ。
彼の逆さラッキョウみたいな顔が、えらい二枚目に見えたりもするドラマなのだ。
posted by チャッピぃ at 00:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。