2007年03月10日

なるほど!格の差。

来日するたびにディズニーランドとかデパートとか貸し切りまくる
マイケル・ジャクソンではありますが、
今回はまたトンでもない稼ぎ方が話題になっているようで。


マイケルと一瞬、会うのに40万円

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081173408265.html



マイケルと一緒!40万円で3秒間…

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/09/03.html




研音をクビになった後に、かの押尾先生が売り出した

10万円カレンダー(本人と握手付き)

ってのが話題+笑いを誘ったことを思い出しましたが
さすがマイコー、カレンダーなんて付けなくても40万!
格の差を見せつけてくれました。

しかし……マイコーファンの皆さんは
これでホントにいいの?
posted by チャッピぃ at 02:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欲しい?

やり出すと止まらないので最近敬遠気味だったヤフオクなのですが
探しているものがあったので、ちょっと覗いてみたところ
スゴいものが出ておりました。

世界初!? 北条司先生公認

“原寸大”100tハンマー!


http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c135874398?u=;the_charity_auction_1



確かに『シティハンター』にはよく出て来ていた気がするけど
こんなもん競り落としてどうすんだよ、おい。
しかも、とんでもない金額になってるっての!

でも『モンティパイソン』のアニメーションに出てくる
16t だったら、ちょっと心が動くかもしれんぞ > 自分(爆)。





そういや、あれって何で16t なんだろ?
別に15t でも20t でもええやん?


posted by チャッピぃ at 01:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

ビリー・ザ・ブートキャンプ

気になりますよね〜このコマーシャル。

7日間で腹筋が割れるとはとても思えませんが
“最強の51歳” ビリー・ブランクスの
わざとらしい軍隊式の挨拶(日本語吹替)が
またいい感じで(笑)。

http://www.maluta.net/billy/


最近の日本はダイエットブームというより
“一億総筋肉つけたい” ブームらしく、それに乗っかって
楽天あたりでもかなり売れてるらしい。

通販好きなうちの母もさすがにこれは欲しがってないけど
(婆さんがこんなんやったら死んでしまいますがな)
ビリーは母の年齢になってもこれをやり続けてそうだぜ、
って考えるとかなりコワいもんがあります(笑)。
posted by チャッピぃ at 00:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

立派だとは思いますが…

きょうの気になったニュース。

捕虜になった場合に備えて模擬訓練

=イラク派遣のヘンリー英王子


http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20070305104713/JijiAfp_AFP011304.html



下々の皆さん同様に訓練に参加するのはいいけれど、
どう考えても彼が捕まっちゃったら扱いが違うと思われ。
(“厚遇” されるのか “冷遇” されるのかは分かりませんが)
彼と同じ部隊の人たちは大変ですよねえ。
“ハル君手当” とか出るんスかね?
彼が捕まりそうになったら、上官も身を挺したりして…。
だって皆 “女王陛下の名の下に” 戦争する国ですもんね。


……行かない方が皆のためみたいだわ > ハル君。



posted by チャッピぃ at 00:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

『リトル・ミス・サンシャイン』(ネタバレ注意)

オスカー作品賞はコレ! と思っていたのに
やっぱり外しました……。
(だってまさかリメイク作品がくるとはねえ…)
けれどまさか助演男優賞をコレが獲るとは思っておりませんでした。
(だって途中で死んじゃうんだよ!
そのあとのシーンでは死体役でずーっと車の後部座席で
シーツにくるまれてるんだよ!

予想ってのは当たらないものなのよね(って言い訳?)。

トニ・コレットとかスティーブ・カレルあたりは
最近メジャー作品に出つつあるものの、キャストはとても地味。
1つの家族のお話なのですが、
“(負け組にならないための)成功への9ステップ理論” なんてものを
説いているお父さんを筆頭に、家族全員がいわゆる“負け組”。
なのに必死にもがき続けている姿が実に愛らしく、
不器用なりに家族お互いを愛してる。
なんとも心地よい物語なのですわ。

この映画のどこがいいかって、そりゃ
芝居がうまいとか、バランスがいいとかってのはもちろんですが
作品でも繰り返される言葉同様、
「負け犬の本当の意味を知ってるか?
それは、負けるのがイヤで挑戦もしないヤツのことだ」
とばかりに、ハリウッドの大作に真っ向勝負を挑んでるとこ。
もちろん、製作者に「勝負を挑もう」なんて意図が
あったかどうかは定かではないけれど、
映画化までには紆余曲折あったようですもんね。
失うものが何もない、ってのは強いよね。

http://movies.foxjapan.com/lms/



個人的にはオリーヴちゃん役のアビゲイル・ブレスリンの
ぽっこりお腹がやたら気になる。
私も幼児体型が克服できなかったからなぁ〜。
どんな大人になるんだろ。
あと、おじいちゃん役のアラン・アーキン。
ポルノ好きなヤク中じいちゃん。
口が悪くて、ともかく他人を罵りまくる。
でもオリーヴを溺愛してて、もちろん息子が辛いときは
肩を抱いて慰めたりもする。
死んだおじいちゃんを思い出して、しみじみ……。
そんな気持ちでこの映画を観る人も
多いんじゃなかろうか。



posted by チャッピぃ at 23:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

これぞまさしく…

政治家でありながら、最近はエコロジストとして有名な
アル・ゴア元米国副大統領。
どーせ大統領選に向けての宣伝だろ〜なんて言われながらも
本人自ら「“元”アメリカ大統領候補のアル・ゴアです」と
捨て身なギャグまで飛ばせるようになっちまったりして
エラい評判がよろしい。
オスカーでは長編ドキュメンタリー賞まで獲っちまって、
このままトントン拍子でいくのか?と思いきや
やっぱりやられましたね、はい。


<温暖化防止>ゴア氏宅で電気・ガス浪費

米民間団体が暴露


http://www.excite.co.jp/News/world/20070301101900/20070301E30.024.html


あらららら……

まあねえ、出る杭は打たれるって言いますからねえ。
つつかれても埃が出ないようにしておかなくちゃいけませんなぁ。
『不都合な真実』なんてタイトルつけてもうて、
今頃後悔してはるんちゃうかな〜。
posted by チャッピぃ at 23:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜んでいいのか…

「ハムナプトラ3」に
ジェット・リーの出演が決定


http://www.eiga.com/buzz/070302/12.shtml



師父、長らく待っておりました。
ようやく重い腰を上げてくださったのですね。
しかもそんなビッグタイトルに…。
『マトリックス3』がダメなら『ハムナプトラ3』て…
思いもよりませんでした、そんな作戦。
さすがは師父。



で、どんな役をやられるのですか?
やっぱりアクションは封印ですか?


ジェット・リーは
この中国皇帝のミイラを演じる。
(本文より)

……。

人間役じゃないのかよ〜!

posted by チャッピぃ at 02:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジェット・リー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

おかげさまで2周年。

中国→NY→ときた株の暴落が日本にもやってきた本日、
ご覧いただいている我的ブログは
無事2周年を迎えることができました。
いや〜ものぐさな私にしちゃよく続いたもんです。
これからも、我的ツボのみを追究しつつ
3周年を目指したいと思っとりますんで、よろしくお願いいたします。


…ということで3周年に相応しい話題をば…


先日、どっかの映画紹介番組で、
いかにも70-80年代ルックに身を包んだ
時代遅れなバンドで歌う長髪男性が歌うシーンが流れてたんですが、
デュランデュランかと見紛うばかりの
いかにもな髪形と衣装で踊る踊る…
うわ…今どきダっサいと思いつつ…

ん?この人どっかで見たことあるな…

誰だ?



そこに、また少しキュートさを増したドリュー・バリモアが登場。
いいね〜彼女は。
美人すぎず、主張しすぎず、それでいて個性豊か。
なんかこうぎゅってしたくなる感じ。
そっか、彼女も出てるコメディなんだ。

んでさっきの長髪君が髪切って再び登場。
おんや、貴方は

もしかしてヒューさまではありませんか !?


4月に公開になるという
「ラブソングができるまで」Music & Lyrics という映画だそうな。

http://wwws.warnerbros.co.jp/musicandlyrics/



しっかし、ついに歌うかね。
しかもそのカッコで?
役柄は“落ち目の元ポップスター”って…マジですか?

いくらなんでも、そこまでぶっ壊れた役をやらんでもよかろうに。
若き日は美青年ぶりを発揮して、
あんなに女の子をときめかせていたじゃないですか。
それを、そんな夢のない役を…。

ま、『ブリジット・ジョーンズ』で
デカパン趣味な人やっちゃってるから
今さら取り返しもつかないとは思うけど…。
(ハイジ某関連で捕まったってのもあったしね)
でも、そんな役をやりつつも、笑顔は相変わらずステキですわ。
ダサいポップスター、期待してます。
posted by チャッピぃ at 00:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

気になってるんですが…

相変わらずの木村様効果で
好視聴率をキープしているらしきTBSドラマ『華麗なる一族』。
まだ数回しか観たことないんですが、
映画版は観ているので話にはついていけてます。

(以下、ネタバレを含んでおりますので、
核心部分は文字色変えてあります)


鉄平役は仲代達矢より木村様のほうがいい気が…。
奇しくも幼さとか未熟さとか、
そういう鉄平の青さが自然に感じられます。
(仲代さんだと年齢より老けて見えてましたからね)
それにしても…

木村様はやはり壮絶な最期を遂げるのでしょうか。

やるんでしょうねえ、やっぱり。
あの見せ場があるから受けたんだろな、たぶん。

ただ…万俵大介はやっぱり佐分利信さんがやった
映画版のほうがいいなぁ。
すごく品がいいのに野心家、って感じするのよね、
佐分利信の顔って。
声もいいし、芝居もうまいし…。

おっと…佐分利信のことを書きたいんじゃなかった。
観るたびに気になってることがあるのね。
あの〜、なんでこのドラマは
挿入歌に『デスペラード』を使ってるんですか?
だって野心家って言っても一応財閥の話ですよね。
どこがデスペラード(ならず者)?
手に負えない、とかそういう意味で?
精神的な“ならず者”ってことなんですかね。
今までこの歌聴くたびに、西部劇で観るような
無精ヒゲに埃だらけのシャツで
馬に跨がるカウボーイを勝手に想像していたので
仕立てのいいジャケット着た木村様とどうも結びつかない。

誰か理由を知ってたら教えてくだされ。





posted by チャッピぃ at 00:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

祝!オスカー初受賞。

やったわ、ついにやったわ奥さん!
マーティン・スコシージおじちゃま、オスカー初受賞!
おめでと〜。

いやーコッポラにスピルバーグにルーカスが揃って出てきた時は
いかにも貴方に渡すために皆で来ましたよ〜、って感じでしたね。
あれでイニャリトゥあたりが受賞してたら
貰うほうも渡すほうもどぎまぎしちゃうでしょうけど、
さすがに年季が入ってますから、ちっこい体で喋る喋る。
エラいはしゃぎっぷりでこっちがびっくりでした。


http://oscars.movies.yahoo.com/news/associatedpress/20070225/1198.html



しっかし作品賞まで『ディパーテッド』でくるとは思わなんだ。
これは意外でしたねえ。
だってリメイクですよ。
しかも「ディズニーの『ライオンキング』って
手塚治虫の『ジャングル大帝』のリメイクなんじゃない?」
って言われるようなリメイクじゃなく、
ちゃんと“原案:フェリックス・チョン、アラン・マック”と
映画にもクレジットされている、
香港映画『インファナル・アフェア』の正統なるリメイク作品。
作品賞がリメイクなんて……どうよ、奥さん。
今夜はスコシージ・ナイト!大盤振る舞い!ってことで
盛り上げるための演出だとしても
それでええのん?と思わず言いたくなりますわな。


当のスコシージおじちゃまにとっても、
実はかなり皮肉な事態になっとるらしい。

数年前にどっかの映画祭で
「ここ10年くらい前からあたためていた、
遠藤周作原作の『沈黙』をようやく撮ることになった」と公言していたのに
(彼は司祭さまになるつもりでいたくらいの人なのよね)
「そんなの撮っても商売にならないから、まずこっちを」と
言われたかどうかは知りませんが
『アビエイター』と『ディパーテッド』を先に撮ることになっちまったらしい。
つまりは、実のところ、これ作るのってあんまり乗り気じゃなかったのね。
でも獲っちゃったわけなのね>オスカー。
『タクシー・ドライバー』とか『レイジング・ブル』で獲れてれば
それこそ「やったぜ!」だったのに、そのときは頂けず、
「しょうがないからやるか〜」だったらしきリメイク作品で獲っちゃった。
おまけに興行的にも、彼の監督作品中、
一番稼げちゃった映画になっちまったそうで…
なんとも皮肉な話でございますなぁ〜。

でも、これで胸張って『沈黙』撮れるじゃん。
うろ覚えな内容思い出すにしても、
およそ一般受けしそうな内容じゃないですけど、
おじちゃまには興行成績でどうこう言われる映画より
暗く、人間の内面をえぐり出すような映画のほうが
お似合いかもしれません。
オスカーも貰ったことだし、あとは安心して好きな映画を撮ってください!
いやーめでたしめでたし……と書きつつ…

まてよ、おい
誰か忘れてねえか…?


いけね、ピーターを忘れてた〜!

posted by チャッピぃ at 23:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。